生活の中で身に付けていく知恵や知識が土台となり、学校へ行ってからの教育で本物の大人になっていく。

日常生活における子供の家庭教育

生活の中での教育は大切

本当の大人と呼ばれるためには生活の中での教育が大切だと思います。
それも家庭での教育から始まります。
生活の中での教育とは生きていくための最低限の知恵が育まれます。
それが全ての基本です。

知識は後から学んでいくのです。

体験を通しての知識が一番身につくと思います。
特に子供を育てているとそれは実感します。
経験のない知識は身につきません。幼児体験で子供のその後の興味は育っていくと思います。
幼児の場合は生活の中での教育しかないので、家庭環境はかなり影響すると思います。
学校へ行く前にしっかりとした、教育の畑は耕しておかなくてはなりません。その後、種を撒き、水を与え、収穫となるわけです。

実り多い収穫はまず、土づくりからと言われるように、実りのある教育は生活の中での教育がものをいいます。

また、大人、本当の意味での大人になるためには、生活の中で身につける知恵と知識を膨らませていかなくてはなりません。きちんとした生活の知識がついていなくては、頭でっかちな知識となり、それは実り大きい収穫は望めないと思います。
最近、子供のような大人が多いのは生活の中でしっかり学ばず、学校の教育のみで育った大人が多いからだと感じます。
核家族になり、兄弟も少なくなった現代では家庭の中での自然に身につく教育が欠けていると思います。
家庭の中での教育、心地よい生活を過ごすためにはどうしたら、よいかということを、家庭生活の中でコミュニケーションをとることも基本になっていると思います。

おすすめリンク

Copyright (C)2017日常生活における子供の家庭教育.All rights reserved.