私達夫婦にはもうすぐ子供が生まれますが、これからは生活費に子供の教育費等、多くのお金がかかってきます。

日常生活における子供の家庭教育

子育てに必要な生活費や教育費を賄える昇給

我が家にはもうすぐ赤ちゃんが生まれます。
これから子育てには様々なお金がかかってきますが、その中で一番大きな物は教育費です。

幼稚園の頃から選択は迫られます。
それは公立に行くか私立に行くか。私達は出来るだけ子供にはお金のかからない公立に通って欲しいと思っています。
私立の良い幼稚園をお受験できるような良い経済状況では有りませんし、ごくごく一般的な教育を受けて元気に育ってくれたら良いと思っています。
幸い私達の住む地域には公立の幼稚園が多く有るようなので、幼稚園は私立の高い幼稚園に通わせなくても済みそうです。

小学校、中学校は近くに公立の学校が有るのでこちらもお受験せずにそのまま進めますが、問題は高校からです。

ここからは本人の学力のの問題なので、勉強が出来て良い学校に進学したいから私立へ行くのならお金はいくらでも出してあげたいですが、勉強が出来ず公立高校が落ちたから私立高校へ進学となると話が違います。
なので、勉強は頑張って欲しいと思います。
高校の次は大学ですが、大学は公立に入るのは相当難しいので私立の大学資金を考えておかなくてはならないと思います。
大学へ進学するのか決めるのは子供ですが、進学を希望するのなら進学させてあげたいと思います。

これから子育てが始まると毎月の生活費がどんどん上がっていきますし、今インフレで労働者の賃金を上げると言っています。
ボーナス等の一時的な給与出なくこの時にバブル時のように基本給もどんどん上げていってくれたら良いのになと思います。

おすすめリンク

Copyright (C)2017日常生活における子供の家庭教育.All rights reserved.